読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィンランドにトビタツ!

フィンランド 留学トビタテ5期生 多様性人材コース

アウシュビッツ博物館

 

ポーランドに訪れた理由の1つは

アウシュビッツに行きたかったからです

 

バスと電車がありますが、電車の方が安かったので

電車で行きます!(電車9PLN・バス14PLN)

 

電車はこんな感じです

f:id:chisha1864:20170414045648j:plain

 

クラクフから電車で約2時間

オシフィエンチム駅に到着です

f:id:chisha1864:20170414050115j:plain

 

この駅からバスで5分ほど、歩いて25分ほどでアウシュビッツに到着します

この日は天気が良かったので歩いて行きました

f:id:chisha1864:20170414050312j:plain

f:id:chisha1864:20170414050351j:plain

 

博物館に到着するとまずこれが目に入ります

「これは未来の世代のために保存されている」

f:id:chisha1864:20170414050611j:plain

 

チケットを買います

通常8:00-10:00と15:00-は無料ですがそれ以外の時間は

ガイドさんについてもらえます。通常45PLNです。

学生なら35PLNです。安いです。絶対ついてもらった方がいいです。

 

空いてる英語のツアーが3時間後だったので

先にもう1つのビルケナウ収容所に行くことにしました

 

アウシュビッツ収容所とビルケナウ収容所は

無料のシャトルバス(10-20分ごとに運行)で行き来できます。

 

すぐに到着です

f:id:chisha1864:20170414051408j:plain

f:id:chisha1864:20170414051549j:plain

f:id:chisha1864:20170414051559j:plain

 

f:id:chisha1864:20170414051829j:plain

f:id:chisha1864:20170414052444j:plain

f:id:chisha1864:20170414051943j:plain

 

とにかく広いです

一周するのにどれくらいかかるんだろうか

 

ここに本当にユダヤ人が集められて

強制労働をさせられて、殺されたのかと思うと

その事実はわかるんですけど、

でもこんなに緑が綺麗で、花が咲いていて、

ここでそういうことが行われていたのは本当に信じられないです

でも本当だから、悲しくて、どうしようもない気持ちになります

 

アウシュビッツ収容所の方も写真を載せます

f:id:chisha1864:20170414052925j:plain

f:id:chisha1864:20170414052939j:plain

アウシュビッツに連れてこられた人々は帰る時に

自分の荷物が見つかりやすいように

どこの誰のものかを記していたそうです

f:id:chisha1864:20170414052951j:plain

 

鍋やカップ、靴

f:id:chisha1864:20170414053002j:plain

f:id:chisha1864:20170414053013j:plain

 

ベットは1人1個ではありません

3人で1個のベットで寝ていたそうです

f:id:chisha1864:20170414053023j:plain

 

 

f:id:chisha1864:20170414053033j:plain

 

収容所の周辺はこのような柵で囲まれ

当時は高圧な電流が常に流れていたそうです

f:id:chisha1864:20170414053044j:plain

 

アウシュビッツを出てすぐ目の前の並木道

f:id:chisha1864:20170414053546j:plain

 

以上です

何か感じてくださる方がいたら嬉しいです

 

ベルリンの壁にも行ったので

感じたことは後でまとめて載せようと思います