読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィンランドにトビタツ!

フィンランド 留学トビタテ5期生 多様性人材コース

トビタテ 一次 書類審査について

 

初めて自分で書いた1次の書類を
自分の大学の

留学担当者に見ていただいたときに
言われたことは
「何を日本に還元できるか」
についてもっと重点を置いて論じなさい
ということでした

 

「投資する価値がなぜあなたにあるのか」
「何を日本に持って帰って来れるのか」

 

留学計画の中で、

その分野に興味を持ったきっかけ
留学中に何を学びたいか

この2つは書きやすいから
ちゃんと伝わるようにかけてる人が多い

 

でも学んできたことを
"どのように日本に還元するのか"
地域人材の方だったら
"どのように地域に還元するのか"

ほとんどの人はこの部分の主張が弱いらしいです

(私の留学担当の先生によると、です)


これをもっと

明確に、具体的に述べないといけません

 

明確に、具体的に
って言ったんですけど、
もし夢があって既にそれになる!って
決まってたらもちろんそれを言えばいいんです

 

問題は明確な夢がない人!
あーーーー
終わったーーーー
夢ないからトビタテ応募できないーーーー
って思った方、まだ諦めないでください笑
すでに将来の夢が

明確に、具体的に決まってる人なんて
そんなに多くないと思うんです
(わたしも決まってないです)

 

決まってなかったら、、
考えられる可能性を全部言えばいいんです笑
どこで働くか、何になるのか
仕事、じゃなくてもいいんです

「〜を実現させたい」
とか
「〜に携わる仕事がしたい」
とか

どんなことを志して、何を達成したいのか

明確に、具体的に!

(そろそろしつこいですね笑)


これを留学計画書の
『留学計画の目的と概要』
『期待できる学修・実践活動の成果の活用』
に含めてください
(書式が変わっていたら実際の書類の項目の名前と違うかもしれません)

 

あと留学計画期間中のスケジュールを
記載しなくてはいけないと思います
一年以上先の計画を月ごとに記入するのは

難しいですよね
とにかく、"今時点で"

自分が計画していることを
書けば大丈夫です
変更は手続きがいるけれど合格してからでもできます
なので今の計画をわかりやすく書いてください

 

それと『留学計画の実現のための取組』
の項目ではその計画を実現するために
何をしてきたか、する予定かを書きます
英語の勉強について、今大学で学んでいること
実践活動に向けたボランティア活動
などなど書けることは色々あります
もし書くことがなかったら、、、

今から始めましょう
ウソをつくと2次面接で聞かれた時に

多分めちゃくちゃ困ります笑 
やっていること、

やるつもりのことを書いてください


そして自分の写真は、
まじめな面接用みたいな写真を

貼ってはいけません!!!!

 

大多数の人は面接用の

ちゃんとした顔の写真を貼ってると思うので
これを信用するかはみなさん次第ですが!
少なくとも!

わたしの写真はちゃんとしていません!笑

成人式の前撮りで撮った着物の
にっこにこの写真を貼りました。


ふざけていません!!!笑

 

トビタテの応募数は
1次の時点で1800人ぐらいです
何人で書類をチェックしているか

わからないですけど
きっと1人の選考員につき

数十枚〜数百枚の学生の留学計画を読むと思うんです
想像しただけですごい疲れますね
そんな疲れる作業の中、
面接みたいな写真が並ぶ計画書の中で、
ニコニコの写真あったらどう思いますか。

 

なんか、いいか、悪いか、わからないけど
印象には残りそうですよね笑
ここでトビタテ事務局の皆さんが好きな
『独自性』『自分らしさ』を
アピールできたら一歩リードだと思います。

 

自分らしい写真を貼りましょう
(ちゃんと顔のわかる被り物をしてない

正面を向いているもの限定です笑)

 

でもやっぱりちゃんとした書類だから
そんなふざけた写真は貼りたくない!
(わたしもニコニコしているだけで
ふざけた写真は貼ってません笑)
というみなさんは他にも
自由記述や留学計画内容で
独自性は十分にアピールできるので

安心してください笑

 

次の記事では留学計画と共に提出しなくてはならない

自由記述について書きます😉